知事ロンドン出張 金融円卓会議の開催



 1 開催日
   平成26年10月31日(水)

 2 会場 
   ギルドホール シティ・オブ・ロンドン

 3 出席者
   日英の金融関係者、知事

 4 内容等
   会議冒頭、知事から「ビジネスチャンスあふれ躍動する東京(東京国際金融センター構想)と題する
     プレゼンテーションを実施した。その内容は、
  ・20年に及ぶデフレから脱却し再始動しつつある、日本の経済の状況
  ・GPIFの運用見直し等、日本の金融・資本市場の活性化の状況
  ・オリンピック・パラリンピックの開催準備や国家戦略特区制度による開発で、大きなビジネスチャンスが
   生まれている東京の姿
  ・東京国際金融センター構想の推進による、ビジネスのし易い環境づくり、投資案件の創出など東京での
   金融ビジネス活性化の取組についてである。

  参加者からは、以下のような意見が出された。
  ・シティと東京の大きな違いの一つ目は、市場の国際性。シティは背後に日本のような巨大な経済が存在
   しないことから、海外に目を向けざるを得ない。そこで市場の門戸を開いた結果、海外との競争が活発と
   なった。
  ・違いの二つ目は、人材の多様性。金融のみならず、金融を支える会計・法律事務所といった分野にも、
   海外から多くの優秀な人材が集まり、活躍している。
  ・年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用する130兆円もの公的年金資金の運用方針の見直し
   や、1600兆円に上る個人金融資産の投資への動きは、大変注目される。
  ・東京は政治が安定し、治安も良い。オリンピックを控える今は、ビジネスの場として大変魅力的。
  ・日本の情報を積極的に発信することで、海外からの目が向けられ、関心を持たれることにつながる。

 5 当日の様子

     

 6 問い合わせ
  政策企画局調整部渉外課 03-5388-2177


政策企画局 調整部 渉外課 
〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 東京都庁第一庁舎
©2013 TOKYO METROPOLITAN GOVERNMENT ALL RIGHTS RESERVED.