実行プラントップページ 冊子・計画内容
Plan
毎月の動き
Do
実施状況レビュー
Check
策定経緯


「2020年に向けた実行プラン」事業の進捗状況について 【2017年7月分】

 このページでは、各月の取組の特集と、
 「3つのシティ」ごとの
実行プランに関する事業の進捗状況を掲載しています。


7月分取組の特集:『暑さ対策の推進』 【スマート シティ】
 ヒートアイランド対策とともにクールエリア・クールスポットの創出など、暑熱対応策を総合的に推進し、都市の熱環境を改善していきます。
○「打ち水日和(びより)~江戸の知恵・東京のおもてなし~」
  都内各所で1万人超の都民による打ち水を実施
      ⇒ 詳細はこちら
 東京都では、涼を得るための江戸の知恵である「打ち水」が、東京のおもてなしとして定着することを目指し、 平成29年7月20日(木曜日)に都内各所及び都民広場で打ち水を繰り広げるイベント「打ち水日和 (びより)~江戸の知恵・東京のおもてなし~」を実施しました。
 小池知事は、環境大臣時代から打ち水を推進しており、その効果は抜群であるとして、「溜めた水を撒くことによって涼しく感じ、それがおもてなしにもつながります。ただ打ち水をするのではなく、自らが涼しくなるということを体感 して欲しい」と挨拶しました。また、打ち水には風呂の残り湯や溜めた雨水などを利用することとして、節水を呼び掛けました。
 都民広場でのイベントの様子  歌舞伎座でのイベントの様子
都民広場での打ち水 歌舞伎座での打ち水
 ※当イベントは、打ち水大作戦本部が主催する「打ち水大作戦2017」(事務局:特定非営利活動法人日本水フォーラム)の開幕イベントとしても位置付けられています。
○「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」平成29年度補助対象事業の決定 ⇒ 詳細はこちら
 東京都では、平成29年度から、東京2020大会競技会場周辺で、かつ、観光客等が多く集まる注目度が高い地域において、人の感じる暑さを緩和する「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」を開始しました(平成31年度までに、6地域程度で実施)。
 今年度は、中央区及び調布市において、下記の暑さ対策を補助対象とすることに決定しました。
 ●中央区
  ・補助対象地域:銀座から日本橋に係る中央通沿いの区域及び数寄屋橋公園
  ・近接する東京2020大会会場:東京国際フォーラム 
 ●調布市
  ・補助対象地域:京王線飛田給駅公共通路・飛田給駅から国道20号線までの調布市主要市道33号線
   (通称スタジアム通り)及びその沿道
  ・近接する東京2020大会会場:東京スタジアム・武蔵野の森総合スポーツプラザ
 <対策例>
微細ミスト 微細ミスト付パラソル フラクタル日除け
微細ミスト 微細ミスト付パラソル フラクタル日除け

 <過去の特集はこちら:表示したい年月をクリックしてください>
         2017年4月     2017年5月     2017年6月

「2020年に向けた実行プラン」進捗状況 (2017年7月時点)
 ペンギンをクリックすると、
「3つのシティ」ごとに取組をとりまとめたページに移動します。

セーフ シティ ダイバーシティ スマート シティ
セーフペンギン ダイバーペンギン スマートペンギン



ページのトップへ戻る
局ホームページトップへ戻る