実行プラントップページ 冊子・計画内容
Plan
毎月の動き
Do
実施状況レビュー
Check
策定経緯


「2020年に向けた実行プラン」事業の進捗状況【ダイバーシティ】

このページでは、「実行プラン」における「ダイバーシティ」に関する都庁内の取組状況を、「政策の柱」ごとに表示しています。気になる政策分野が今どのような状況か、ぜひ確認してみてください。         
  • 件名をクリックすると、実際にその取組を詳しく説明するページへ移動します。
     ※「(PDF)」と書かれた件名については、PDFファイルが開きます。
  • これらの取組は、【2017年6月】時点のものです。すでに募集等を終了しているものも含まれますので、あらかじめご了承ください。

  <過去の取組はこちら:表示したい年月をクリックしてください>

     2017年4月     2017年5月


ダイバーシティ   ~誰もがいきいきと生活できる、活躍できる都市・東京~
「政策の柱」をクリックすると、「政策の柱」ごとに取組をまとめた表へジャンプします。
 政策の柱1 子供を安心して産み育てられるまち
 政策の柱2 高齢者が安心して暮らせるまち
 政策の柱3 医療が充実し健康に暮らせるまち
 政策の柱4 障害者がいきいきと暮らせる社会
 政策の柱5 誰もが活躍できるまち
 政策の柱6 誰もが優しさを感じられるまち
 政策の柱7 未来を担う人材の育成
 政策の柱8 誰もがスポーツに親しめる社会


政策の柱1 子供を安心して産み育てられるまち
 ~安心して産み育てられ、子供たちが健やかに成長できる~
公表日 件名 概要 所管局
6月22日 平成29年度東京都子育て支援員研修(第2期)の受講生を募集 「子ども・子育て支援制度」においては、地域の子育ての担い手となる多くの人材が求められている。東京都では第1期に引き続き、子育て支援の担い手となる人材を養成する研修を実施 福祉保健局
6月1日 「子育て応援 Tokyo プロジェクト2017 in 日の出」の開催 子育て応援とうきょう会議は、企業やNPO等が実施した先駆的な子育て支援の取組を広めることを目的として、イベント「子育て応援 Tokyo プロジェクト 2017 in 日の出」を開催【7月1日実施】 福祉保健局
▲ 政策の柱一覧へ戻る


政策の柱2 高齢者が安心して暮らせる社会 ~年齢を重ねても、住み慣れた地域で安心して暮らせる~
公表日 件名 概要 所管局
6月15日 トライアル雇用事業の申込を開始 都では、介護人材の確保を図るため、雇用確保と資格取得支援を合わせて行うことで、介護分野への人材誘導と即戦力を確保する「トライアル雇用事業」を実施しており、このたび「トライアル雇用事業」の申込を開始 福祉保健局
6月13日 認知症高齢者グループホーム整備に係るマッチング事業説明会を開催 都では、認知症高齢者グループホームのさらなる設置促進を図るため、不動産所有者の皆様とグループホーム運営事業者を結びつけるマッチング事業を開始し、このたび説明会を開催 福祉保健局
▲ 政策の柱一覧へ戻る


政策の柱3 医療が充実し健康に暮らせるまち
 ~質の高い医療を受けられ、生涯を通じて健康でいられる~
公表日 件名 概要 所管局
6月22日 「東京都職域連携がん対策支援事業」取組企業募集 ~がん対策に積極的に取り組む意欲のある企業を支援します~ これからがん対策に積極的に取り組もうとする意欲のある企業等を「取組企業」として認定し、その活動を東京都が支援することにより、職域におけるがん対策の取組促進を目指す。今年度における事業の募集を開始 福祉保健局
6月12日 早期がんマーカーとしてのジアセチルスペルミンに関する特許実施許諾契約を締結 (公財)東京都医学総合研究所、東京都、(株)トランスジェニック及び(株)シー・アール・シーは、(株)テクノメディカとの間で、早期がんマーカーとしてのジアセチルスペルミンに関する特許実施許諾契約を締結 福祉保健局
▲ 政策の柱一覧へ戻る


政策の柱4 障害者がいきいきと暮らせる社会
 ~障害がある人もない人も、お互いに尊重し、共に生活する~
公表日 件名 概要 所管局
6月29日 都立特別支援学校生徒の雇用拡大 企業向けセミナー開催 都内企業を対象に、東京都における障害者雇用施策や、都立特別支援学校における学習の様子や就労への取組状況を紹介し、高等部生徒の職場実習の受入れ及び就労への協力を呼びかけるため、普及啓発セミナーを開催 教育庁
6月26日 「第八期東京都障害者施策推進協議会第1回 専門部会」の開催 障害者のための施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、「第八期東京都障害者施策推進協議会 第1回専門部会」を開催【7月10日実施】 福祉保健局
6月21日 第1回東京都高齢者保健福祉計画策定委員会の開催 高齢者の総合的・基本的計画である第7期東京都高齢者保健福祉計画(平成30年度~平成32年度)の策定に向け、学識経験者や保健医療・福祉関係者、利用者・都民代表等で構成する計画策定委員会を設置【6月28日実施】 福祉保健局
6月9日 「第4回 障害者への理解促進及び差別解消のための条例制定に係る検討部会」の開催 東京2020大会を見据え、社会全体で障害者への理解を深め、差別を無くす取組を一層推進するための条例案検討のため、障害のある方をはじめ、事業者や学識経験者等様々な立場の方の意見を聴くための検討部会を開催【6月30日実施】 福祉保健局
6月6日 「第八期東京都障害者施策推進協議会 第2回総会」の開催 障害者のための施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、「第八期東京都障害者施策推進協議会 第2回総会」を開催【6月20日実施】 福祉保健局
▲ 政策の柱一覧へ戻る


政策の柱5 誰もが活躍できるまち ~誰もが人生と仕事を調和させ、自分らしく活躍できる~
公表日 件名 概要 所管局
6月30日 都営交通 朝活応援・時差Bizキャンペーンの実施 交通局では、快適通勤ムーブメントの輪が広がるよう、日暮里・舎人ライナー及び都営地下鉄の朝ラッシュ時間帯に「都営交通 朝活応援・時差Bizキャンペーン」を実施【7月11日から7月25日の平日】 交通局
6月30日 快適通勤プロモーション協議会(第2回)の開催 快適通勤ムーブメントを広く周知し、機運を醸成 都市整備局
6月27日 平成29年度「東京都女性活躍推進大賞」の募集を開始 全ての女性が意欲と能力に応じて、多様な生き方が選択できる社会の実現に向け、女性の活躍推進に取り組む企業や団体及び個人に贈呈する「東京都女性活躍推進大賞」の候補者を募集 生活文化局
6月27日 平成29年度 働く女性全力応援プログラム 就業継続アシストセミナーの開催 働いている女性を対象に、専門家や先輩管理職等を講師に迎え、家庭との両立やキャリア形成に役立つ話を伺い、参加者同士が悩みや不安を話し合うことのできるセミナーやワークショップを開催【8月27日、9月23日、10月21日、12月2日実施】 生活文化局
6月15日 学生向けパネルディスカッション「ICTを創造する」を開催 都立産業技術高等専門学校において、情報セキュリティ技術者育成プログラムの一環として、ICT社会の第一線で活躍する方々を招き、ICTに興味がある学生に向けたパネルディスカッションを開催【6月9日実施】 総務局
6月6日 「トーキョー・シゴト・ワゴン」参加者募集を開始 学生等に中小企業で働く魅力を伝えるため、バスによるツアー形式で直接中小企業を訪問し、経営者や若手社員と交流する「トーキョー・シゴト・ワゴン」を開催。29年度の参加者の募集を開始 産業労働局
▲ 政策の柱一覧へ戻る



政策の柱6 誰もが優しさを感じられるまち ~いたるところで、まちの優しさを感じられる~
公表日 件名 概要 所管局
6月30日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価に係るフォローアップ計画書(カヌー・スラローム会場)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価に係るフォローアップ計画書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月29日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書(カヌー・スラローム会場)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月29日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書案に係る意見見解書(有明テニスの森)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価書案に係る意見見解書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月29日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書案に係る意見見解書(大井ホッケー競技場)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価書案に係る意見見解書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月23日 平成29年度第1回子供人権教室「港区芝周辺の“ことばの地図”をつくろう」の開催 視覚障害への理解促進をはじめ、情報を伝えることの大切さや難しさを学ぶワークショップを開催。文字による道案内情報「ことばの道案内」(通称「ことナビマップ」)を視覚障害のある方と一緒に作成【8月5日実施】 総務局
6月20日 『心のバリアフリー』普及啓発ポスターコンクールを実施 ~平成29年度作品募集~ 児童・生徒がポスターの制作を通じて、心のバリアフリーについて考える機会とするとともに、都民への普及啓発を推進することを目的として、ポスターコンクールを実施 福祉保健局
6月16日 東京都公式動画チャンネル「東京動画」の開局 都庁で制作された映像を集約したポータルサイト「東京都公式動画チャンネル『東京動画』」を8月下旬に開局することを発表 生活文化局
6月14日 第8回共助社会づくりを進めるための検討会の開催 「共助社会づくりを進めるための東京都指針」(平成28年2月)に基づき、都民一人ひとりが互いに支え合う共助社会の実現に向けて、ボランティア行動者率向上等についての取組を検討する会議を開催【6月21日実施】 生活文化局
6月5日 「輸送運営計画V1(バージョン1)」の策定 東京都は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と共同で、東京2020大会の輸送に関する現段階での検討・取組状況をまとめた「輸送運営計画V1」を策定し、IOCへ提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月1日 犬の殺処分ゼロの実現(動物の殺処分ゼロに向けた取組) 動物を終生にわたり責任を持って飼っていただくための普及啓発、ボランティア団体等と連携した動物の譲渡、都独自に譲渡促進月間を設けPR等を行った結果、28年度の殺処分は全体で94頭、犬は殺処分ゼロを実現 福祉保健局
▲ 政策の柱一覧へ戻る



政策の柱7 未来を担う人材の育成 ~未来のために、自らの意志で学べる~
公表日 件名 概要 所管局
6月28日 「東京ユースボランティア・バンク」の開設 子供たちが様々なボランティア活動に参加できる機会を増やしていくための情報等を提供していくことで、ボランティアマインドを醸成し、障害者理解を促進 教育庁
6月26日 「夢・未来」プロジェクトの実施(7月実施分) オリンピック・パラリンピック教育のより一層の充実を図るために、幼児・児童・生徒がスポーツのすばらしさを実感し、夢や希望を持ち続けることができるよう、オリンピアンやパラリンピアン等を学校に派遣(7月分) 教育庁
生活文化局
6月20日 東京都若者総合相談センター開所 様々な悩みを抱える若者を対象とした「東京都若者総合相談センター(愛称:若ナビα(アルファ))」の来所相談を新宿で開始 青少年・治安対策本部
6月16日 青少年の性的被害防止に向けた情報発信(JKビジネス、自画撮り被害) 青少年の性的被害防止に向け、特設サイトの開設やSNSの活用、イベントの開催など、青少年の意識喚起につながる情報発信 青少年・治安対策本部
6月13日 平成34年度第46回全国高等学校総合文化祭の開催の内定 平成34年度第46回全国高等学校総合文化祭の開催地に東京都が内定。高等学校生徒に各種の芸術文化活動を全国的な規模で発表する場を提供 教育庁
6月12日 第2回「高度IT利活用社会における今後の学校教育の在り方に関する有識者会議」の開催 初等中等教育段階におけるプログラミング教育の在り方や民間企業、学術機関等と連携した人材育成の取組について検討するため、第2回有識者会議を開催 教育庁
6月5日 平成29年度「こころのチャレンジプロジェクト」を開催(第1回~第5回) オリンピアンやパラリンピアン等が、子供に「あいさつ」や「努力すること」等の大切さ、保護者に「家族との絆とふれあい」や「感謝していること」等を伝えるイベントを開催 青少年・治安対策本部
6月5日 平成29年度私立高等学校等授業料軽減助成金、奨学給付金 申請書ダウンロードのお知らせ 平成29年度私立高等学校等授業料軽減助成金、奨学給付金に係る申請書のダウンロードを開始 生活文化局
▲ 政策の柱一覧へ戻る



政策の柱8 誰もがスポーツに親しめる社会 ~都民一人ひとりが、スポーツに親しめる~
公表日 件名 概要 所管局
6月30日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価に係るフォローアップ計画書(カヌー・スラローム会場)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価に係るフォローアップ計画書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月30日 都立学校活用促進モデル事業「体験教室」の実施 ~小平特別支援学校スポーツレクリエーション体験教室~ 「都立学校活用促進モデル事業」において、障害のある方もない方も参加可能な体験教室を開催/体験教室の初回となる小平特別支援学校にて開催するスポーツレクリエーション体験教室を実施【7月9日実施】 オリンピック・パラリンピック準備局
6月29日 スポーツを通じた被災地支援事業の実施 東日本大震災で被災した方に夢や希望を持ってもらい、被災地復興を支援することを目的とする「スポーツを通じた被災地支援事業」を本年度も実施【7月以降実施予定】 オリンピック・パラリンピック準備局
6月29日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書(カヌー・スラローム会場)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月29日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書案に係る意見見解書(有明テニスの森)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価書案に係る意見見解書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月29日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書案に係る意見見解書(大井ホッケー競技場)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価書案に係る意見見解書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月27日 首都大学東京健康福祉学部 「障がい者スポーツ ボッチャ教室」の開催 ボッチャチーム「王子ホールドスターズ」によるルール説明、競技指導など。誰でも参加可(50名程度)
開催日:7月~3月の毎月第4金曜日13時~15時頃
会場:首都大学東京荒川キャンパス体育館
総務局
6月23日 東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーフェスティバル ~みんなのTokyo 2020 3 Years to Go!~の開催 東京2020大会の開催3年前となる7月24日に、「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアーフェスティバル ~みんなのTokyo 2020 3 Years to Go!~」を開催 オリンピック・パラリンピック準備局
6月22日 第22回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYOの参加者募集 10月1日から11月23日まで、都内全域でソフトボールなど全10種目に約3,000人の選手が参加するシニアのスポーツ大会「第22回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO」を開催【募集:7月1日から31日まで】 オリンピック・パラリンピック準備局
6月16日 平成29年度「東京アスリート認定選手」認定式・研修会の開催 平成29年度の認定選手309名の「東京アスリート認定選手」認定式を実施【6月25日実施】 オリンピック・パラリンピック準備局
6月15日 「スポーツ博覧会・東京2017」を開催 参加体験を主とするスポーツイベント「スポーツ博覧会・東京2017」を10月7日、8日の2日間、2会場で同時開催 オリンピック・パラリンピック準備局
6月15日 ラグビーテストマッチにあわせて京王線でラグビーヘッドマーク付き列車を運行 「リポビタンDチャレンジカップ2017日本代表対アイルランド代表」及びラグビーイベント「東京ラグビーファンゾーン2017」の集中PRを実施【6月19日から25日実施】 オリンピック・パラリンピック準備局
6月9日 東京2020大会3Rの取組 様々なアイデアを募集 東京2020大会を持続可能性に配慮した大会とするため、大会の中心となる選手村で3Rの取組を展開。大会時に使用した設備等のリユースや記念品としての活用などについてアイデアを募集 オリンピック・パラリンピック準備局
6月9日 「味スタ6耐」参加者募集 11月4日に実施する「2017味の素スタジアム6時間耐久リレーマラソン」の参加者を募集。小学生の親子を対象とした「ファミリーランⅠ」に加え、昨年新設した3歳以上の幼児も参加できる「ファミリーランⅡ」を今年も実施 オリンピック・パラリンピック準備局
6月5日 「輸送運営計画V1(バージョン1)」の策定 東京都は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と共同で、東京2020大会の輸送に関する現段階での検討・取組状況をまとめた「輸送運営計画V1」を策定し、IOCへ提出 オリンピック・パラリンピック準備局
▲ 政策の柱一覧へ戻る

⇒ 「セーフ シティ」に関する取組状況はこちら
⇒ 「スマート シティ」に関する取組状況はこちら



ページのトップへ戻る
局ホームページトップへ戻る