実行プラントップページ 冊子・計画内容
Plan
毎月の動き
Do
実施状況レビュー
Check
策定経緯


「2020年に向けた実行プラン」事業の進捗状況【スマート シティ】

このページでは、「実行プラン」における「スマート シティ」に関する都庁内の取組状況を、「政策の柱」ごとに表示しています。気になる政策分野が今どのような状況か、ぜひ確認してみてください。         
  • 件名をクリックすると、実際にその取組を詳しく説明するページへ移動します。
     ※「(PDF)」と書かれた件名については、PDFファイルが開きます。
  • これらの取組は、【2017年6月】時点のものです。すでに募集等を終了しているものも含まれますので、あらかじめご了承ください。

  <過去の取組はこちら:表示したい年月をクリックしてください>

     2017年4月     2017年5月


スマート シティ  
     ~世界に開かれた、環境先進都市、国際金融・経済都市・東京~
「政策の柱」をクリックすると、「政策の柱」ごとに取組をまとめた表へジャンプします。
 政策の柱1 スマートエネルギー都市
 政策の柱2 快適な都市環境の創出
 政策の柱3 豊かな自然環境の創出・保全
 政策の柱4 国際金融・経済都市
 政策の柱5 交通・物流ネットワークの形成
 政策の柱6 多様な機能を集積したまちづくり
 政策の柱7 世界に開かれた国際・観光都市
 政策の柱8 芸術文化の振興


政策の柱1 スマートエネルギー都市 ~世界をリードする、スマートエネルギー都市を目指そう~
公表日 件名 概要 所管局
6月30日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価に係るフォローアップ計画書(カヌー・スラローム会場)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価に係るフォローアップ計画書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月29日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書(カヌー・スラローム会場)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月29日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書案に係る意見見解書(有明テニスの森)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価書案に係る意見見解書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月29日 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書案に係る意見見解書(大井ホッケー競技場)」の提出 東京2020大会の開催に伴う会場施設の整備、運営等による影響について、自主的な環境アセスメントを実施。今回、環境影響評価書案に係る意見見解書を東京都環境局長に提出 オリンピック・パラリンピック準備局
6月26日 “家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業” LED電球交換事業の詳細決定 交換の流れと参加協力店一覧の公表 7月10日から開始する「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」(白熱電球2個以上とLED電球1個との無償交換)の詳細を決定。交換の流れ、交換場所などを公開 環境局
6月22日 水素を活用したスマートエネルギー都市の推進に向けた補助事業開始のお知らせ 水素を活用する、業務・産業用燃料電池、純水素型燃料電池等への補助を行う、「水素を活用したスマートエネルギーエリア形成推進事業」を開始 環境局
6月21日 東京都キャップ&トレード制度 平成29年度トップレベル事業所フォーラム開催 初めてトップレベル事業所認定証を贈呈 東京都キャップ&トレード制度で温暖化対策の推進の程度が特に優れている事業所(トップレベル事業所等)を新たに20事業者認定。フォーラムを開催し初めて認定証及び多摩産材の記念の楯を贈呈【7月21日】 環境局
6月21日 東京都キャップ&トレード制度 平成29年度テナント省エネセミナーを開催 テナントの省エネ対策の更なる推進のため、省エネ対策に積極的に取り組んでいるテナント事業所の事例を紹介する「テナント省エネセミナー」を開催【7月27日】 環境局
6月7日 燃料電池バスの補助事業開始のお知らせ 燃料電池自動車等の普及拡大を推進するため、燃料電池バス導入に対する助成金の申請受付を開始 環境局
6月5日 「輸送運営計画V1(バージョン1)」の策定 東京都は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と共同で、東京2020大会の輸送に関する現段階での検討・取組状況をまとめた「輸送運営計画V1」を策定し、IOCへ提出 オリンピック・パラリンピック準備局
▲ 政策の柱一覧へ戻る


政策の柱2 快適な都市環境の創出 ~クール・クリーンで、快適な都市をつくろう~
公表日 件名 概要 所管局
6月21日 「打ち水日和~江戸の知恵・東京のおもてなし~」 都民広場で打ち水イベントを実施 <打ち水大作戦2017開幕イベント> 7月20日に、打ち水を繰り広げるイベント「打ち水日和(びより)~江戸の知恵・東京のおもてなし~」を都内各所で展開。その一つとして、都民広場でりゅうちぇるさんを招き小池都知事と打ち水を実施 環境局
6月5日 「持続可能な資源利用」に向けたモデル事業の公募 資源ロスの削減の促進、エコマテリアルの利用の促進、廃棄物の循環利用を推進するため、「持続可能な資源利用」に向けたモデル事業(平成29年度)の公募を開始 環境局
▲ 政策の柱一覧へ戻る


政策の柱3 豊かな自然環境の創出・保全 ~水と緑に囲まれた、自然を感じられるまちをつくろう~
公表日 件名 概要 所管局
6月27日 「きて!みて!感じて!水源林ツアー」参加者を募集 水道水源林での自然体験を通して、水の大切さや水道水源林の役割を知っていただくことを目的とした「きて!みて!感じて!水源林ツアー」8月開催分の参加者を募集 水道局
6月23日 キョンの推定生息数(平成28年) 伊豆大島において特定外来生物であるキョンの増加によりアシタバ等への被害や絶滅危惧種のキンラン等の食害など生態系への影響が顕在。対策の一環として毎年生息状況調査を実施。平成28年の生息数(推定)を公開 環境局
6月20日 7月11日ついに公開 子ども動物園すてっぷ 恩賜上野動物園内の子ども動物園のリニューアルオープン 建設局
6月14日 キョン捕獲チームのロゴマーク募集対象の縮小 5月26日に発表した大島における「キョン捕獲チームの名称及びロゴマークの募集」について、ロゴマークの募集対象から大島町の小中学生を除外し、高校生だけを対象 環境局
▲ 政策の柱一覧へ戻る


政策の柱4 国際金融・経済都市 ~日本経済を牽引する、国際金融・経済都市を目指そう~
公表日 件名 概要 所管局
6月28日 「都庁舎サービスロボット実証実験」参加事業者の募集開始 2020オリンピック・パラリンピック競技大会とその後のレガシーを見据え、今後活用が期待される先端技術の社会実装及び2020年のICTショーケース化の実現へ向け、都のフィールドを活用し、実証実験を実施 総務局
6月26日 「東京開業ワンストップセンター丸の内サテライトセンター」の開設 東京開業ワンストップセンターでは、外資系企業等の開業を促進するため、法人設立の手続を一か所に集約化し、申請書等の作成支援等を行っている。今般、利便性向上を図るため、7月1日に丸の内サテライトセンターを開設 政策企画局
6月26日 Invest Tokyo Seminar 2017 in France の開催 東京に世界から資金、人材、企業を集め、世界に開かれたグローバル都市となることを目指し、外国企業の誘致を推進。この度、6月30日にパリ、7月4日にリヨンで日本進出に関心を持つ企業関係者を対象にセミナーを開催 政策企画局
6月22日 歌舞伎座での期間限定イベント「歌舞伎と手仕事」参加者の募集 「東京手仕事」プロジェクト初の試みである歌舞伎座での期間限定イベント「歌舞伎と手仕事」の参加者を募集。歌舞伎と伝統工芸品にまつわるプログラム等で、伝統工芸の新たなファンの開拓を目指す取組 産業労働局
6月21日 地域人材育成プラットフォーム化事業開始 「中小企業経営者向けシンポジウム(多摩)」開催 職業能力開発センターを拠点に、人材育成に取組む中小企業をネットワーク化し、専門家訪問指導等、継続的支援を行う「地域人材育成プラットフォーム化事業」を開始。多摩地域でのキックオフイベントのシンポジウムを開催【7月28日】 産業労働局
6月19日 インドネシアに「サポートデスク」を開設
都内中小企業の海外ビジネス展開を現地で支援
「Tokyo SME サポートデスク インドネシア」を開設。都内中小企業のインドネシアでの展開を現地で切れ目なくサポートするとともに、ASEAN諸国でのビジネスネットワークの拡大を促進 産業労働局
6月19日 「TOKYO FASHION AWARD」デザイナーの募集 支援対象デザイナーの募集を開始。東京を代表するインターナショナルブランドになる可能性を秘めたデザイナーを選定し、パリでの独自ショールーム開設等を通じて、海外バイヤーとのビジネスマッチングを支援 産業労働局
6月15日 東京都アクセラレータプログラム「フィンテックビジネスキャンプ東京」への参加企業を募集 東京都アクセラレータプログラム「フィンテックビジネスキャンプ東京」を初めて実施。革新的なイノベーションの創出、これによる都民の利便性向上及び都内経済の活性化を目指し、3か月の短期集中プログラムを実施。 政策企画局
6月14日 地域人材育成プラットフォーム化事業開始 「中小企業経営者向けシンポジウム(23区)」開催 職業能力開発センターを拠点に、人材育成に取組む中小企業をネットワーク化し、専門家訪問指導等、継続的支援を行う「地域人材育成プラットフォーム化事業」を開始。23区でのキックオフイベントのシンポジウムを開催【7月14日】 産業労働局
6月12日 青山スタートアップアクセラレーションセンターにて
第4期アクセラレーションプログラム始動
創業後3年未満の起業家の成長支援のため、青山スタートアップアクセラレーションセンターにて半期に1度実施されている、アクセラレーションプログラムの第4期受講生の紹介 産業労働局
6月9日 「Nature Tokyo Experience」を開始
多摩・島しょの自然を活用した新たな体験型エンターテイメント創出事業
東京は世界有数の大都市でありながら、多摩・島しょに豊かな自然を有している。この度、多摩・島しょの自然を活用した新しい余暇の過ごし方を提案し、先進的な取組を広める事業を開始 政策企画局
6月9日 「国際金融都市・東京」構想骨子の策定 平成28年11月「国際金融都市・東京のあり方懇談会」を設置し、金融の活性化や海外の金融系企業が日本に進出するにあたって障害となる課題・解決策等について議論。この度、「国際金融都市・東京」構想骨子を策定 政策企画局
6月9日 外資系金融機関CEO等と知事との意見交換会の開催 「国際金融都市・東京」構想骨子を公表し、今秋に最終構想を策定、公表する予定。今般、最終構想の内容の充実を図るために、外資系金融機関CEO等と知事との意見交換会を開催 政策企画局
6月8日 「製品改良・規格等適合化支援事業」のご案内 中小企業の国内外における新たな販路開拓を支援する本事業を実施。自社製品の市場投入の際に、製品改良に要する経費の一部と規格への適合や認証取得に要する経費の一部を助成。本事業の概要及び事業説明会を開催 産業労働局
6月7日 TOKYOイチオシ応援事業開始 地域の持つ強み、特色である「地域資源」を活用した新製品・新サービスの開発を行う中小企業等に対して経費助成と専門家によるハンズオン支援を行い、東京ならではの魅力あふれた地域資源を発掘し地域経済を活性化 産業労働局
6月6日 次世代イノベーション創出プロジェクト2020 開発支援テーマの決定及び交流会の開催 成長産業分野における新たな技術の創出を目指し、開発支援テーマと技術・製品開発動向等を示した「イノベーションマップ」を策定するとともに、都内中小企業と大手企業、大学・研究機関等が一堂に会する交流会を開催【8月3日実施】 産業労働局
6月5日 「東京アニメピッチグランプリ」参加者の募集 都内アニメーション制作会社等が、海外での商談に必要なピッチ(売り込み)スキル等を競うコンテスト「東京アニメピッチグランプリ」を今年度2月に初めて実施予定。これに先立ち、参加者の募集を開始 産業労働局
6月1日 「江戸東京きらりプロジェクト」モデル事業の募集 東京ブランドの確立に向け、その牽引役となるにふさわしい、意欲ある先導的な取組をモデル事業として募集【募集期間:6月1日~6月30日】 産業労働局
6月1日 産業交流展2017を開催 出展企業を募集 中小企業の優れた技術や製品を一堂に展示する国内最大規模の総合見本市である「産業交流展2017」を11月15日から3日間の会期で開催。6月1日より出展企業の募集を開始 産業労働局
▲ 政策の柱一覧へ戻る


政策の柱5 交通・物流ネットワークの形成 ~ヒトやモノの流れがスムーズな都市をつくろう~
公表日 件名 概要 所管局
6月29日 舟運の活性化に向けた社会実験の航路を拡充 4月から運航している東京港循環航路、5、6月から運航を開始した隅田川縦断航路・京浜運河縦断航路・日本橋周遊航路に加え、お台場周遊航路や夜間の運航など、夏季に向けた航路や運航を拡充 都市整備局
港湾局
建設局
6月27日 羽田空港の機能強化についての展示 都庁舎において1週間の間、羽田空港の機能強化に関する展示を実施 都市整備局
6月16日 交通事故防止の取組「自転車の交通事故防止関連」 都内で発生した自転車が関係する交通事故情報や、自転車安全利用のポイントについて紹介 警視庁
▲ 政策の柱一覧へ戻る



政策の柱6 多様な機能を集積したまちづくり ~首都東京の成長を支える、活力あふれるまちづくりを進めよう~
公表日 件名 概要 所管局
▲ 政策の柱一覧へ戻る


政策の柱7 世界に開かれた国際・観光都市 ~世界に開かれた、人々をひきつける、国際・観光都市になろう~
公表日 件名 概要 所管局
6月30日 「Tokyo Tokyo Old meets New」アイコンのコンセプトムービーを制作 東京の魅力を効果的に海外へ発信するため、アイコンとキャッチフレーズ「Tokyo Tokyo Old meets New」のメッセージを表現したコンセプトムービーを制作し、WEBサイト等で公表 産業労働局
6月30日 アイコン(「Tokyo Tokyo Old meets New」)を活用した「東京おみやげ」製作プロジェクトに参画する事業者を募集 東京都と共同して、東京を訪れた外国人旅行者を対象に、アイコンとキャッチフレーズ「Tokyo Tokyo Old meets New」を活用した企画商品を開発する事業者の募集を開始 産業労働局
6月22日 「東京島めぐりPASSPORT(しまぽ)」の新サービス提供に向けた加盟店を募集 今秋から「東京島めぐりPASSPORT」をスマートフォンでも利用可能にするとともに、宿泊旅行商品券を購入・利用できるサービス「しまぽ通貨」を開始。サービス提供に伴い事業に参加する東京諸島内施設等を募集 産業労働局
6月22日 東京都と中国地域・四国地域の連携により海外メディア等を対象に、共同招聘旅行を実施 東京を訪れた外国人個人旅行者が気軽に中国地域、四国地域を訪れるよう、昨年度に引き続き、東京と中国5県、四国4県の各地を結ぶ観光ルートを設定し、海外メディア等を対象に招聘旅行を実施 産業労働局
6月22日 東京都と東北地域の連携により海外メディア等を対象に、共同招聘旅行を実施 東京を訪れた外国人個人旅行者が気軽に東北地域を訪れるよう、昨年度に引き続き、東京と東北6県・仙台市の各地を結ぶ観光ルートを設定し、海外メディア等を対象に招聘旅行を実施 産業労働局
6月21日 都と共同で海外に向けた観光PRを行う事業者を募集
「ジョイントプロモーション」の募集
海外から東京を訪れる旅行者数のさらなる拡大に向け、海外において、都内民間事業者と連携した外国人旅行者誘致事業を展開。東京の魅力を海外に向けて発信するジョイントプロモーションを実施する事業者の募集を開始 産業労働局
6月16日 高齢者や障害者にやさしい旅を支援
乗降用リフト装置付バスの利用支援を開始
障害者や高齢者が安心して都内観光を楽しめる、アクセシブル・ツーリズムの充実に向けた取組を推進。リフト装置付バスを貸切で手配し旅行を催行する旅行業者に対して、その経費の一部を補助する事業を開始 産業労働局
6月16日 東京都と台北市で相互観光PRを実施 アジア観光促進協議会は、共同事業の一環として、都市間の連携による相互観光PRを実施。このたび、東京都と台北市との相互観光PRを実施 産業労働局
6月9日 東京都観光ボランティアのユニフォームのデザイン・製作に関する事業者の募集 平成28年11月に設置した「東京ブランドのあり方検討会」における検討結果などを踏まえ、東京都観光ボランティアのユニフォームのデザインや製作を行う事業者を募集【募集期間:6月9日から6月19日まで】 産業労働局
6月6日 「おもてなし親善大使」育成塾参加者募集 東京の観光スポット、外国人への接し方等を学ぶ「おもてなし親善大使」育成塾の参加者を募集。外国人が多く訪れる観光スポットの見学や人力車体験など、外国人旅行者目線からの実地研修も実施 産業労働局
6月1日 「東京観光情報センター 多摩」のオープン JR立川駅の商業施設「エキュート立川」3階に、多摩地域初の東京観光情報センターをオープン【6月20日オープン】 産業労働局
▲ 政策の柱一覧へ戻る


政策の柱8 芸術文化の振興 ~伝統と芸術が融合する、世界のどこにもない、文化都市を目指そう~
公表日 件名 概要 所管局
6月30日 「東京文化プログラム助成(市民創造文化活動支援 第2期)」公募の開始 都が主導する文化プログラムの考え方を踏まえ、アマチュアの方の創造文化活動を支援する助成事業「東京文化プログラム助成(市民創造文化活動支援 第2期)」の公募を開始 生活文化局
6月28日 伝承のたまてばこ~多摩伝統文化フェスティバル2017~開催のご案内 八王子駅周辺の街なかを舞台に、八王子や多摩地域に伝わる伝統文化・芸能の魅力を気軽に鑑賞・体験できる機会として実施する事業「伝承のたまてばこ~多摩伝統文化フェスティバル2017~」を開催【9月9日、10日実施】 生活文化局
6月21日 「東京キャラバン2017」開催概要のお知らせ 東京2020オリンピック・パラリンピックの文化プログラムを先導するリーディングプロジェクトとして平成27年から始まった「東京キャラバン」について、全国の自治体と連携して実施する平成29年度の開催概要を決定 生活文化局
6月21日 平成29年度 東京芸術文化創造発信助成【単年助成プログラム】第2期 平成29年度 芸術文化による社会支援助成 第2期 公募開始のお知らせ 東京を拠点とする芸術団体等に対して活動経費を助成する「東京芸術文化創造発信助成」、社会や都市の様々な課題を見据え、その改善に資することを目的とした先駆的な芸術活動を支援する「芸術文化による社会支援助成」 の公募を開始 生活文化局
6月21日 平成29年度 東京芸術文化創造発信助成【単年助成プログラム】第2期、芸術文化による社会支援助成 第2期の説明会開催のお知らせ 平成29年度 東京芸術文化創造発信助成【単年助成プログラム】第2期及び平成29年度 芸術文化による社会支援助成 第2期について、説明会を開催【6月30日、7月14日実施】 生活文化局
6月8日 「東京芸術祭 2017」開催の決定 東京の多彩で奥深い芸術文化を通して世界とつながることを目指した、都市型総合芸術祭「東京芸術祭2017」を豊島区池袋エリアを中心に開催することが決定【9月22日から12月4日まで:74日間実施】 生活文化局
6月6日 平成29年度 「東京アートポイント計画」新規共催団体選定結果のお知らせ 地域社会を担うNPOとともにアートプロジェクトを展開することで、多数の「アートポイント(文化創造発信拠点)」を生み出す取り組みである「東京アートポイント計画」について、平成29年度の新規共催団体の選定結果をお知らせ 生活文化局
6月1日 「キッズ伝統芸能体験」参加者募集のご案内 子供たちが一流の実演家からお稽古を受け、その成果を宝生能楽堂、日本橋公会堂の本格的な舞台で発表するプログラム「キッズ伝統芸能体験」の募集を開始 生活文化局
6月1日 平成29年度 東京文化プログラム助成
気運醸成プロジェクト支援 採択事業の決定
民間団体や企業等が実施する波及効果やインパクトのあるプロジェクトを対象とする「東京文化プログラム助成:気運醸成プロジェクト支援」について、平成29年度の採択事業を決定 生活文化局
▲ 政策の柱一覧へ戻る

⇒ 「セーフ シティ」に関する取組状況はこちら
⇒ 「ダイバーシティ」に関する取組状況はこちら



ページのトップへ戻る
局ホームページトップへ戻る