(政策企画局トップページへ)



   猪瀬副知事の”夏ダボス(天津)会議”参加について

平成20年10月14日更新
概要


  猪瀬副知事が、中国の天津市において開催されました夏のダボス会議に、出席しました。天津市ビンハイ国際会議センターには、1400を超える企業、政府、市民団体のリーダーが参加し、意見交換を行いました。

会議の内容の骨子>
(詳細は、
WFP(世界経済フォーラム)“夏ダボス(天津)会議”猪瀬副知事参加報告(PDF:652KB))

1 開会式 (Opening Plenary
 温家宝首相による基調講演がありました。

2 夕食会 (Dinner
会場にて、WEF議長 シュワブ氏、天津市長 黄興国氏をはじめとした各界からの参加者と懇談しました。

3 ボードルーム・ディスカッション (Boardroom Discussion
テーマ 「中国:発展中のグリーンチャンピオン?」
パネリストとして、猪瀬副知事のほか、ポールセン・デンマーク王国環境大臣、中国の企業経営者等が発言しました。副知事は、東京の先進的な取組みを紹介し、今後の対応について助言しました。

4 WEFマネージング・ディレクター ブルグ・ブランデ氏と面談 
日本の政治情勢、これまでの改革の動きについて意見交換をしました。

5 大連市長 夏徳仁 氏と面談 
大連市の日本への企業誘致活動について意見交換をしました。

6 ブレーンストーミング (Brainstorming
テーマは、「世界経済ブレスト:持続可能な成長に向けた次のステップ」
議長役をニック・ゴーイング (Nik Gowing) 氏が行い、200名弱の参加者が、30ほどのテーブルに分かれ討議しました。

7 閉会式 (Closing Remarks
ニューチャンピオン年次総会の閉会にあたり、世界経済フォーラム議長 クラウス・シュワブ(Klous Schwab)氏から挨拶がありました。

リンク

→ 報道発表資料「副知事の海外出張について」(平成20年9月19日)(PDF:14.8KB)

→ 世界経済フォーラムのページ(英文)


 ※PDFをご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(無料)が必要です。

<お問い合わせ先> 政策企画局外務部管理課  電話 03−5388−2192