東京都副知事について

【副知事全般について】
 副知事は、普通地方公共団体の長が議会の同意を得てこれを選任する。(地方自治法第162条)

 副知事の任期は、四年とする。(地方自治法第163条)

 副知事は、普通地方公共団体の長を補佐し、普通地方公共団体の長の命を受け政策及び企画をつかさどり、その補助機関である職員の担任する事務を監督し、別に定めるところにより、普通地方公共団体の長の職務を代理する。(地方自治法167条)

 都に副知事四人を置く。(東京都副知事の定数条例)


【職務代理順序について】
 普通地方公共団体の長に事故があるとき、又は長が欠けたときは、副知事がその職務を代理する。この場合において副知事が二人以上あるときは、あらかじめ当該普通地方公共団体の長が定めた順序で、その職務を代理する。(地方自治法第152条)

 職務代理順序は次のとおり。(平成29年東京都規則第115号)
 第一順位 副知事 川澄 俊文
 第二順位 副知事 長谷川 明
 第三順位 副知事 猪熊 純子


【副知事の担任事項について】 
 副知事の担任事項は次のとおり。(平成29年東京都告示第1591号) 

副知事 担任事項
川澄 俊文 一 次の局等に関すること。
 総務局、環境局、福祉保健局、産業労働局、東京消防庁、
 青少年・治安対策本部、病院経営本部
二 次の行政委員会との連絡に関すること。
 選挙管理委員会、人事委員会、公安委員会、労働委員会
長谷川 明 一 次の局等に関すること。 
 財務局、主税局、都市整備局、建設局、港湾局、交通局、
 水道局、下水道局、中央卸売市場
二 次の行政委員会との連絡に関すること。
 収用委員会
猪熊 純子 一 次の局に関すること。 
 政策企画局、生活文化局、オリンピック・パラリンピック準備局、
 会計管理局
二 次の行政委員会等との連絡に関すること。
 教育委員会、監査委員

担当 政策企画局総務部管理課 お問合わせ 電話 03(5388)2178

ページのトップへ戻る