menu

戻る

東京進出のメリット
特区進出企業
ビジネス・生活支援
特区制度について
ニュース&イベント
資料集

外国企業誘致の成果

  • HOME
  • 特区進出企業
  • 外国企業誘致の成果

誘致目標と誘致実績

 東京都は、東京の国際競争力を向上させ、更なる成長へと導くため、アジア地域の業務統括拠点や研究開発拠点のより一層の集積を目指し、平成25年度から、東京の中心部に設けたアジアヘッドクォーター特区内への外国企業誘致に取り組んできました。
 本事業では、平成28年度末までに、特区内に新たに高付加価値拠点(業務統括拠点や研究開発拠点)を設置する外国企業50社を含む外国企業500社を誘致することを目標にしています。
 このうち、高付加価値拠点を設置する企業については、都が独自に実施する個社別の誘致活動を通じ、50社の誘致目標を達成しました。さらに、3年を目途に高付加価値拠点を設ける予定の外国企業を含めると合計80社の誘致に成功しました。

年度別実績

年度別目標・実績

産業分野別内訳

産業分野別内訳

地域別内訳

地域別内訳

東京進出の決め手 ~外国企業から見た東京の魅力~

巨大な市場と高い品質の追求

(企業の声)
・東京圏はアジアにおいて最も大きなかつ最も影響力のある経済圏の一つである。目の肥えた消費者の高付加価値商品に対する購買力の高さも東京を選ぶ大きな要因となった。(米国 IT)
・経済規模が大きく、観光資源が豊富で、最高水準の接客の質を誇る東京や日本の観光市場は大きな魅力である。(米国 観光)
・日本の巨大な市場ポテンシャルは弊社にとって大変魅力的。(米国 環境)
・家電や自動車、その他の製品もサービスもすべて水準が高い。(カナダ IT)

ビジネスパートナー、高度人材の宝庫

(企業の声)
・日本はハイテクなアジアの玄関口であり、人工知能分野での高度エンジニアや大学研究者の雇用が見込める。(カナダ IT)
・半導体や電子産業などの分野の経験を有するバイリンガルの技術系専門職を採用する際に東京は便利な場所である。(ノルウェー環境)
・東京には世界に誇る高い技術力を持った中小の部品メーカー等が集積している。また、そうした研究開発にあたるスキルの高いエンジニアの採用も容易である。(フランス 環境)

快適なビジネス環境

-知的財産権の保護が堅固

(企業の声)
・先端技術開発に知財権の保護は不可欠であるが、日本はアジアの国々の中でも知的財産保護の水準が極めて高い。(カナダ IT)

-交通インフラが発達している

(企業の声)
・定刻通りに運行される公共交通機関、維持管理の行き届いたインフラなど、東京では「当たり前」だと思われていることが、国際的には比類のない強みである。(米国 IT)
・首都圏のどこへでも容易にアクセスできる稠密な電車網、アジア各地へのフライト数も充実している。(フランス 環境)

安心・安全な都市

(企業の声)
・東京は安全で、住むにも、買い物にも、通勤にも、出張にも快適で便利。(フランス 医療・化学)
・治安が良いので、安心して家族と暮らせる(米国 情報通信)

豊かな食文化

(企業の声)
・食べ物が美味しいことは、東京で働く上での魅力的なポイントである。(フランス 環境)
・外国人観光客の関心は、歴史、伝統、先端技術、ファッションなどはもちろんだが、一番は食べ物。さして知名度のない飲食店でも満足できる品々を豊富に提供してくれる。(米国 観光)

きれいな水と空気

(企業の声)
・街や空気のきれいさに格別の恩恵を感じる。(フランス 環境)

企業の声をもっと見る(特区進出企業経営者インタビューWhy Tokyo? 50 Reasons

東京都の取組への貢献

 誘致企業は、各産業分野における製品やサービスの展開を通じ、都が「東京都長期ビジョン」で定める目標や政策の達成にも寄与しています。

東京都長期ビジョン

「世界一の都市・東京」の実現を目指し、平成26年12月に策定しました。本ビジョンでは、東京が目指す将来像を達成するための基本目標や政策目標、その達成に向けた具体的な政策展開、3か年の実施計画などを明らかにしています。

【基本目標 Ⅰ】史上最高のオリンピック・パラリンピックの実現
都市戦略1 成熟都市・東京の強みを生かした大会の成功
都市戦略2 高度に発達した利用者本位の都市インフラを備えた都市の実現
都市戦略3 日本人のこころと東京の魅力の発信
【基本目標 Ⅱ】課題を解決し、将来にわたる東京の持続的発展の実現
都市戦略4 安全・安心な都市の実現
都市戦略5 福祉先進都市の実現
都市戦略6 世界をリードするグローバル都市の実現
都市戦略7 豊かな環境や充実したインフラを次世代に引き継ぐ都市の実現
都市戦略8 多摩・島しょの振興

詳しくはこちら

誘致企業の主な貢献内容

【都市戦略1】成熟都市・東京の強みを生かした大会の成功
・照明演出や舞台設営等によるライブイベント等の効果的な演出手法や、イベントオペレーションについて研究、開発(米国 コンテンツクリエイティブ)
・スポーツ放送の音質向上に寄与する世界初の高解像音響技術を基に、日本の視聴者に人気の高いスポーツに合わせて音質を向上させる技術を日本企業と共同で研究・開発(スイス 電子精密機器)
・日本全国のホテル・旅館に向け、世界50か国以上の言語・文化・宗教等に対応可能なマーケティング・接客手法等のコンサルティングサービスを開発(米国 観光)
【都市戦略2】高度に発達した利用者本位の都市インフラを備えた都市の実現
・厳しい安全管理等が求められる自動車・航空機産業等において、リスク管理の向上や業務効率化等に貢献し得る、グローバル及び日本の最新規制・規格に準拠した品質マネジメントシステムが運用可能なソフトウェアを研究、開発(米国 IT)
【都市戦略3】日本人のこころと東京の魅力の発信
・日本のさまざまな地域に対する観光客の新しいニーズを把握し、ホテルや観光客に提案(米国 観光)
【都市戦略4】安全・安心な都市の実現
・利用者のパスワード等をサーバーに保存せずに認証が可能な技術を活用して、日本の企業や公的機関の情報セキュリティ強化を支援(英国 情報通信)
【都市戦略5】福祉先進都市の実現
・世界100カ国以上での事業展開に基づく、医療費削減への貢献が期待されるジェネリック医薬品やヘルスケア製品に関するノウハウを活かし、日本国内の患者・医者のニーズに適合した製剤技術等を開発(南アフリカ 医療化学)
・必要な時に必要なだけの薬剤を必要な病巣へ届ける「ドラッグデリバリーシステム」の独自技術を活用し、日本企業と共同でより少ない服用回数で効果が得られ、副作用の少ない経口剤や吸入剤を開発(英国 医療化学)
・今後高齢者のニーズが高まると見込まれる、床ずれケア製品、人工肛門等のうち、日本未発売の高機能、安価な製品を、都内の企業 と共同で日本の患者ニーズに合わせて開発、販売(中国 医療化学)
【都市戦略6】世界をリードするグローバル都市の実現
・場所や時間を問わずに利用できる英語学習用のスマートフォンアプリを開発(米国 情報通信)
・グローバル展開する日本企業や、訪日外国人向けに製品・サ―ビスを提供する日本企業に対して、多言語の問い合わせ等に自動で応答できる、WEBサイト内FAQ検索及びチャット機能を開発(米国 情報通信)
【都市戦略7】豊かな環境や充実したインフラを次世代に引き継ぐ都市の実現
・住宅やオフィスビル等での消費電力を可視化し、モバイル端末や無線センサーによる照明等の自動抑制を可能とする省エネ・生活向上サービスを開発(オランダ 環境)
・日本のエネルギー管理に寄与するスマートメーター及びその他の機器間通信等のサービス基盤となる広域無線通信インフラを研究、開発(米国 環境)
・自動車排出ガスに含まれ、大気汚染の原因となるNOx(窒素酸化物)を高効率で除去できる「選択的触媒還元システム」を研究・開発(フランス 環境)
・日本の建築物の特性にあった様々な形状・タイプの太陽光電池の研究・開発(ノルウェー 環境)

都内企業との連携 ~都内中小企業のビジネスチャンス拡大への貢献~

 これまで誘致した外国企業と優れた技術を持つ都内中小企業等との間で、各種産業分野において、製品やサービスの共同開発や、関連機器・部品等の調達等の様々な連携が進んでいます。

※国内企業とのマッチング実績(平成29年1月末現在)
 80社中61社がマッチング済み

内容別延べ件数

共同開発 共同販売 営業提携 調達 製造委託 合計
マッチング件数 35 12 110 40 6 203
(上記のうち相手方が都内中小企業) 7 4 32 10 0 53

【注】

  • 共同開発:外国企業と日本企業とが共同で、新たな製品・サービス等の開発を行うこと
  • 共同販売:外国企業と日本企業との製品・サービス等を組み合わせ、共同で販売すること
     (例:ハードウェアとソフトウェアとを組み合わせたパッケージ販売)
  • 営業提携:外国企業と日本企業とが、製品・サービス等の営業を相手方に委託すること
     (例:代理店、商品の相互販売等)
  • 調  達:外国企業が、製品・サービスの提供にあたり、必要となる資材等を日本企業から仕入れること
  • 製造委託:外国企業が、製品・サービスの製作過程の一部または全部を日本企業に委ねること

都内中小企業とのマッチング事例

  • 米国 ロボット開発企業(研究開発拠点) × 都内中小 教育サービス企業

     人工知能を活用した英語教育サポートロボットを製作する米国のロボット開発企業が、都内中小企業と共同でより効果的な学習方法・コンテンツを開発

    メリット:新たな技術を活用した人材開発のノウハウが都内中小企業へ移転

  • 米国 イベント運営企業(研究開発拠点) × 都内中小 イベント運営企業

     世界各国でオリンピックや企業イベント、ミュージカルやコンサート等の舞台演出を手掛ける企業が、都内中小企業からオペレーターや照明機材等を調達

    メリット:都内のイベント関連企業のビジネスチャンス拡大に貢献

  • シンガポール 補聴器製造企業(営業拠点) × 都内中小 デザイン企業

     補聴器の製造・販売とあわせて、オンラインで補聴器の遠隔調節サービスを提供するシンガポールの企業が、都内中小デザイン企業と共同で、商業施設等に設置する世界初の遠隔操作可能な聴覚測定用小型カプセルを開発

    メリット:都内中小企業のビジネスチャンス拡大に貢献

  • 台湾 監視カメラ用ソフトウェア製作企業(営業拠点) × 都内中小 ネットワーク機器製造企業

     監視カメラとスマートフォンの間で映像を送受信できるソフトウェアを提供する台湾企業が、無線LANルータ等のネットワーク機器を製造する都内中小企業と共同で日本向けのウェブカメラを開発・販売

    メリット:共同開発したウェブカメラがネット販売でベストセラーとなり、都内中小企業の売上拡大に貢献

東京に進出する外国企業のためのビジネス相談窓口

ビジネスコンシェルジュ東京

03-6269-9981 月曜日~金曜日:9:30~17:30
(日本時間/ 祝日・年末年始を除く)

お問い合わせフォーム