構造改革特区

自然的、経済的、社会的条件を活かした地域の活性化を実現するため、平成14年に国により創設されました。
都内では7つの特区が認定されています。

制度開始: 平成14年
区  域: 都内6区市に7つの特区が設置されています。
目  的: 民間企業の経済活動や地方公共団体、NPOの取組等を妨げているような国の規制を、地域を限定して改革すること等により、構造改革を進め、地域の活性化を推進します。
事業内容: それぞれの特区で個別の規制の特例措置を実施しています。