プレスリリース

「東京開業ワンストップセンター」の機能拡充について

2016年 12月 21日更新

東京都は世界で一番ビジネスのしやすい環境を整備し、世界から資金・人材・企業等を集めることで、産業の国際競争力の強化、国際的な経済活動の拠点形成を促進するため、国家戦略特別区域制度を活用した様々な取組を進めています。
「東京開業ワンストップセンター」では、外資系企業やベンチャー企業の開業を促進するため、法人設立の手続を一か所に集約化し、昨年4月から、申請書等の作成支援や受付等を行っています。
今般、平成28年12月22日(木)から、「日本再興戦略2016」(平成28年6月2日閣議決定)に基づき、大幅に機能を拡充させ、再スタートいたしますのでお知らせします。

 

1. 開始日
平成28年12月22日(木)
2. 場所
日本貿易振興機構(ジェトロ)本部 7階
(東京都港区赤坂一丁目12-32 アーク森ビル)
3. 対象者
東京都内で開業する外国企業・日本企業等
4. 機能拡充の具体的な内容

(1) これまで受付が出来なかった「国税」や「商業登記」を含め、8種類すべての手続※1 について、窓口での書類の「受付」を可能とする。また、センター内に電子申請用パソコンを整備し、相談員のサポートを受けながら、電子での申請も可能とする。

(2) 在留資格認定証明書の申請について、
・対象となる在留資格※2 に「技術・人文知識・国際業務」を追加
・センターを利用できる法人の範囲を、設立後6か月以内の法人から5年以内の法人へ段階的に拡大

※1 定款、商業登記、国税、都税、労働保険、雇用保険、健康・年金保険、入国管理
※2 現在申請できる在留資格は、「経営管理」、「企業内転勤」の2種類

【別添】

内閣府プレスリリースpdfPDF形式129KB)

添付資料pdfPDF形式1.5MB)

【問合せ先】
政策企画局調整部渉外課 大塚
電話 03-5388-2864(直通)
都庁内線 21-178