顧問の設置及び運営に関する規則

顧問の設置及び運営に関する規則(昭和50年5月23日規則第155号)

(趣旨)

第1条 この規則は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第172条の規定に基づく顧問の設置及び運営に関する基本的事項について定めるものとする。

(顧問の設置)

第2条 東京都に顧問を置く。

2 顧問は、都政運営のあり方について、進言し、又は助言する。

(権限)

第3条 顧問は、職務を遂行するために、知事の事務を分掌している各局等の長に対して資料を要求し、及び説明を求めることができる。

(選任)

第4条 顧問は、都政の基本的政策確立について、広い識見と経験を有する者のうちから知事が選任する。

(任期)

第5条 顧問の任期は一年以内とする。ただし、再任を妨げない。

(服務)

第6条 顧問は、非常勤とする。

2 知事は、特に必要と認める場合は、顧問が執務を行う場所及び時間を指定することができる。

(庶務)

第7条 顧問に関する庶務は、政策企画局において行う。

(補則)

第8条 この規則の施行について必要な事項は、別に定める。

附則(略)

担当 政策企画局調整部政策課 お問い合わせ  電話 03(5388)2182

   
ページのトップへ戻る