議事概要

平成29年7月24日 更新

第8回 都庁マネジメント本部
日 時 平成29年7月10日(月) 13:00~14:30
場 所 都庁第一本庁舎7階小会議室
出席者 知事、副知事、東京都技監、政策企画局長、総務局長、
生活文化局長、福祉保健局長、産業労働局長、教育庁次長 ほか
議 題 結婚支援について
内 容 外部有識者(山田昌弘氏 *中央大学文学部教授、吉村泰典氏 *内閣官房参与/慶應義塾大学名誉教授)を招き、結婚支援に関する講義と意見交換を行った。
     
講義の概要 ○山田昌弘氏:講義テーマ「日本の結婚の現状と結婚支援の課題」
* 少子化・結婚を考える時に押えるべきポイントは、子供にみじめな思いをさせたくない
 などの世間体意識や、安定した経済生活を望みリスクを嫌う意識といった、日本人の行 
 動特性。
* 近年の未婚化の理由は、①経済的な不安、②出会いの減少、③恋愛へのあこがれ消失。
* このため、①収入が不安定な男性等の結婚後の生活不安を払拭すること、②シャイな若
 者の自然な出会い、積極的な出会いの機会を増やすこと、③恋愛や結婚生活へのあこが
 れを復活させること、などの支援が必要。
○吉村泰典氏:講義テーマ「少子化と結婚-医学的見地より-」
* 少子化の要因として挙げられるのは、女性の社会進出・キャリア形成、未婚化、晩婚化
 ・晩産化。
* 女性が出産を先送りにしてきたのは、妊娠・出産に関する知識の不足と、若い時期に出
 産とキャリア育成を両立する就業モデルが無かったこと。
* 若い時期から生殖に関わる知識・情報の提供や教育を行うとともに、不妊治療への支援
 等が求められる。
* 待機児童対策など子育て保育の質・量の充実とともに、夫の育児への協力や、そのため
 の働き方改革など様々な取組を推進するほか、少子化に対する危機感を社会全体で共有
 することが重要。
【意見交換等】
    ・結婚や妊娠の課題等に関して、都における支援のあり方などについて意見交換した。



お問い合わせ

東京都政策企画局総務部管理課 TEL:03-5388-2178 FAX:03-5388-1213
               E-mail:S0000039@section.metro.tokyo.jp