重点政策方針

TOP > 都の基本計画 > 重点政策方針
重点政策方針

東京都は2016年(平成28年)12月、「都民ファーストでつくる『新しい東京』~2020年に向けた実行プラン~」を策定し、「セーフシティ」「ダイバーシティ」「スマートシティ」の3つのシティを実現して「新しい東京」を創り上げていくための政策を、現在、全力で推し進めています。
一方、変化を続ける社会情勢に的確に対応し、実行プランを着実に推進していくためには、喫緊の課題等を踏まえ、重点分野について、全庁横断的に一層の創意工夫を凝らし、取り組んでいくことが必要です。
「人」の持つ活力こそが、東京の課題を克服し、持続的な成長をもたらす全ての基礎となります。そこで、今回、「人」に着目し、妊娠、出産、子育てなど、ライフステージに応じた政策を重点的に展開していく観点から、「人が生きる、人が輝く東京へ 重点政策方針2017」を策定しました。

方針の特徴

  1. 「人が生きる、人が輝く東京」の実現に向け、都市の活力の源となる「人」に着目し、そのライフステージの移り変わりに応じて、質・量ともに充実し、あるいは、多様な選択が可能となるよう、4つの視点に立ち8つの戦略を展開
  2. 様々な視点から創意工夫を凝らし、また、個々の政策を組み合わせ、発展させることで、これまでにない取組を方針として示す
  3. 今後の積極的な政策展開を導くための方向性を示すものであり、あえて、現時点では構想段階の事項も含めた内容
  4. 今後、戦略の実現に向けて全庁横断的に更なる検討を進め、政策化・予算化し、具体的な展開を図っていく

4つの視点

  1. 政策のベストミックスで相乗効果
  2. 創意工夫と新たな技術の活用
  3. 東京の持つ、資産・知恵・力を総動員
  4. 民間が持つ活力を最大限に発揮

8つの戦略

  1. 結婚・妊娠・出産・子育てへの切れ目のないサービス
  2. 利用者ファーストの視点に立った保育サービスの魅力と質の向上
  3. 介護サービスや保育サービスを提供する場の整備促進
  4. 福祉サービスを支える意欲ある人材の確保・育成
  5. 「支えられる」社会から、誰もが元気に「支え合う」社会へ
  6. 格差のないまち・東京で誰もが活躍
  7. 安全・安心で段差のないまち・東京
  8. 未来の東京・日本を支える人づくり
「人が生きる、人が輝く東京へ 重点政策方針2017」(PDF :1.78MB)

お問い合わせ

計画部計画課
03-5388-2131 03-5388-2131