第1回東京・大阪連携会議 ~東京2020 to 2025大阪~

TOP > 国・自治体との連携 > 東京・大阪連携会議

第1回東京・大阪連携会議 ~東京2020 to 2025大阪~

2月20日、都庁第一本庁舎において、「第1回東京・大阪連携会議 ~東京2020 to 2025大阪~」が開催されました。

この会議は、東京都、大阪府、大阪市が、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会から2025年の大阪・関西万博への成功のバトンを着実につなぎ、都市としてのさらなる進化や日本全体の持続的な成長を実現していくことを目的に立ち上げられたものです。

小池知事は「2020年には東京で、2025年には大阪で世界的なメガイベントが行われる。2つのメガイベントのバトンタッチをスムーズに行うとともに、日本にとっても大きな起爆剤として、その後の発展にもつなげたい」、「21世紀は都市の時代。イベントの成功を通じて都市力の強化を図り、国全体の成長につなげる視点を持っていきたい。東京と大阪が抱える課題の共有を図り、お互いの知恵を結集し、魅力と活力にあふれた社会の実現を目指していく」とあいさつしました。

松井大阪府知事は「世界を驚かせる夢のある万博の実現に向けて、全力で取り組んでいく」とした上で、「東京オリンピック・パラリンピックから大阪・関西万博へつながる2020年から2025年は、日本の未来を左右すると言ってもいい大事な時期。それぞれのイベントの成功はもちろん、日本全体の成長と暮らしの豊かさを実現するために、東西2都市の連携が不可欠。東京と大阪がタッグを組んで、都市力向上につなげたい」と述べました。

吉村大阪市長は「1+1を3にも、4にも、5にもしていくには、東京と大阪の連携が重要。都市が国を引っ張っていくのがあるべき姿。しっかり国を引っ張れるような都市になれるよう、我々もしっかり頑張っていきたい」と話しました。

続いて、小池知事が「東京2020大会に向けた都の取組」について、松井知事が「大阪・関西万博に向けて」について、それぞれ説明しました。
最後に、連携会議の発足に当たり、今後、東京都・大阪府・大阪市が連携協力して取組を進める際の方針として「東京・大阪宣言」が行われました。

大阪1.jpgのサムネイル画像大阪2.jpg

【当日配布資料】

>次第.pdf

>出席者名簿.pdf

>概要資料.pdf

>東京・大阪宣言(案).pdf