東京自動走行ワンストップセンターとは

東京自動走行ワンストップセンターは、自動走行の公道実証実験を促進するため、国と東京都が共同で設置する、ワンストップセンターです。相談員が、実験構想段階から実施に至るまでの、関係法令等の手続に関する情報提供、相談サービス等を無料で行います。

東京自動走行ワンストップセンターが実施する主なサービス支援は下記のとおりです。


○公道実証に必要な手続に関する電話相談、窓口相談等の対応、関係機関との調整を行います。

○警察庁ガイドラインに基づく公道実証の実施に係る警察、道路管理者、関東運輸局への事前連絡(実施主体から提出のあった計画書等を提供)を行います※。

○公道実証の実施に係る地域への周知等を行います。

○公道実証に必要な手続の改革提案の受付を行います。


※東京自動走行ワンストップセンターへの提出をもって、「自動走行システムに関する公道実証実験のためのガイドライン」(平成28年5月警察庁。以下、「警察庁ガイドライン」という。)の「10 関係機関に対する事前連絡」に規定する実施場所を管轄する警察及び関東運輸局に対して事前連絡をしたものとみなされます。


東京自動走行ワンストップセンター運営要綱


相談例

ケース1:実証実験の計画段階でお困りの方

・まずは、お電話にてご相談ください。
・訪問によるご相談の場合には、事前にお電話の上、訪問日時をご予約ください。
・必要に応じて、様式1「公道実証に関する相談等について」をご提出ください。
・下記フローに基づき関係機関と調整を図ります。


ケース2:警察庁ガイドラインに基づき実証実験を実施する方

運営要綱をご一読の上、事務局宛に様式2「公道実証実施に関する事前連絡について」をご提出ください。センターへの提出をもって、警察庁ガイドラインに基づく、警察、道路管理者、関東運輸局への事前連絡をしたものとみなされます。
下記フローに基づき関係機関と調整を図ります。
※ 実証実験が終了しましたら、必ず結果報告書をご提出ください(様式任意)。


【業務フローイメージ】


公道実証実験の主な指針・手続

1 車内にドライバーがいる状態での公道実証実験
警察庁が「自動走行システムに関する公道実証実験のためのガイドライン」(平成28年5月。以下、「警察庁ガイドライン」という。)を策定し、具体的な留意事項等を示しています。なお、警察庁ガイドラインは、これによらない公道実証実験を禁止するものではなく、実施者に有用な情報を提供し、その取組を支援することを目的に策定されたものです。


(参考リンク)
管轄警察署検索
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/about_mpd/shokai/ichiran/index.html
道路管理者
【国道】東京国道事務所
http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/access/access.htm
【都道】
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jimusho/index.html
※区市町村道については、各区市町村の窓口へご確認ください。
国土交通省関東運輸局
http://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/



ワンストップセンターを利用すると・・・

東京自動走行ワンストップセンターへ、様式2「公道実証実施に関する事前連絡について」を提出していただくと実施者に代わり、警察庁ガイドラインに基づく、警察、道路管理者、関東運輸局への事前連絡を行います!
その他、公道実証実験を計画する中で不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。


2 遠隔型自動運転システムの公道実証実験
遠隔型自動運転システムとは、車両内に運転者が存在せず、車両外にいる運転者が電気通信技術を利用して当該自動車の運転操作・監視などを行うことができる自動運転技術をいいます。
遠隔型自動運転システムの公道実証実験を行うためには、事前に以下の手続が必要です。


①国土交通省関東運輸局による保安基準の緩和認定
遠隔型自動運転システムの実証実験に用いられる車両のうち、保安基準への適合性の判断が困難なものについても、例えば速度制限、走行ルートの限定、非常停止ボタンの設置といった安全確保措置が講じられることを条件に、公道での実証実験が可能となりました。遠隔型自動運転システムの公道実証実験においては、車両内の運転者席等を無いものとして考えるため、既にナンバープレートを取得している車両であっても、保安基準の緩和認定を受ける必要があります。また、一度認定を受けた車両であっても、場所・時間など実験環境が異なる場合には、新たに保安基準の緩和認定を受けなければなりません。

②警察の道路使用許可の取得
警察庁の「遠隔型自動運転システムの公道実証実験に係る道路使用許可の申請に対する取扱いの基準」(平成29年6月。以下、「遠隔型ガイドライン」という。)に基づき、取得に向けた手続を行う必要があります。


(参考リンク)
自動運転車の公道実証実験を可能とする措置(国土交通省告示)
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha07_hh_000239.html
http://www.mlit.go.jp/common/001182520.pdf


※詳細は、遠隔型ガイドラインをご覧ください。




【東京自動走行ワンストップセンター】
◆営業時間:月曜日~金曜日 9時00分~17時00分(土曜・日曜、祝日、年末年始を除く)
◆相談方法:電話相談及び窓口相談(ただし、窓口相談の場合には事前にご連絡ください。)
 なお、相談サービスは無料です。
◆TEL:03-5388-2176 MAIL:jidousoukou@section.metro.tokyo.jp
◆住所
 東京都新宿区西新宿2-8-1 都庁第一本庁舎11階北側
 東京自動走行ワンストップセンター事務局
 (東京都政策企画局調整部渉外課)


イベント一覧

日程 開催場所 イベント
2018年10月7日(日)、8日(月/祝)
11:00 – 17:00
東京都江東区青海一丁目4番
シンボルプロムナード公園 夢の大橋
<夢の大橋自動運転試乗会>
夢の大橋における、自動運転車両の試乗会です。一般の方を対象とした試乗では日本初となるマイリーと、実証実験の実績豊富なミニバンタイプ車両の2台をご用意しました。試乗会は事前申込み制ですのでご注意ください。詳細はこちら
2018年8月27日(月)~同年9月8日(土)
9:00 – 17:00
※9月2日(日)を除く。
終了
大手町フィナンシャルシティ
グランキューブ~六本木ヒルズ間
<自動運転タクシーサービスの公道営業実証実験>
自動運転車両を用いたタクシーサービスの公道営業実証実験です。本実証実験は、東京都が今年度より開始した『自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト』に選定され、実施されるものです。詳細はこちら
2017年12月22日(金)
13:00 – 16:00
終了
東京都千代田区丸の内二丁目 <自動運転バス試乗会 in 丸の内仲通り>
丸の内仲通りにおける、運転席がない自動運転シャトルバスの試乗会です。試乗会は、事前応募制ですのでご注意ください。詳細はこちら
2017年12月23日(土)
11:30 – 15:30
終了
東京都江東区青海2-3-6
日本科学未来館
<ともにつくるサイセンタン!「もうそこまで来た!自動運転の未来!!」>
開発者によるトークイベントを開催。遠隔型自動運転システムのデモ走行(未来館敷地内)と、実験車両の展示も行います。詳細はこちら

センター利用団体数 36団体(平成30年8月末時点)


東京自動走行ワンストップセンター事務局

◆営業時間:月曜日~金曜日 9時00分~17時00分
 (土曜・日曜、祝日、年末年始を除く)

◆TEL:03-5388-2176
◆MAIL:jidousoukou@section.metro.tokyo.jp

◆住所
 東京都新宿区西新宿2-8-1都庁第一本庁舎11階北側
 東京自動走行ワンストップセンター事務局
 (東京都政策企画局調整部渉外課)

◆都庁への交通案内等はこちら